診療科目

小児歯科

0歳からの虫歯予防、「怖くない歯医者さん」

のぞむ歯科では、0歳のお子さまから「虫歯予防」に通っていただけます!そして、「怖くない歯医者さん」を心がけています!

01:0歳からの虫歯予防


のぞむ歯科では、上の前歯が生えた頃から定期検診に通うことをお勧めしております。こどもの歯は、大人の歯と異なり歯質が弱いため、虫歯になりやすく、また進行も早いです。そのため、その時期からのフッ素塗布をお勧めしています。こどもの歯の虫歯は、大人の歯の形や色に影響を与えることもありますし、噛み合わせや歯並び、顎の発育、お顔の形にまで影響を及ぼします。可愛い乳歯のうちから、虫歯にならないよう心がけることが大切です。


02:怖くない歯医者さん


わたし達大人が歯科医院への通院を嫌がる理由はなんでしょう?
それは、幼少期や大人になってからした歯医者さんでの「痛い思い」や「(時として縛り付けられた)怖い思い」が原因であることが多いと思います。わたし達は、基本的にお子さまを無理に抑え付けて診察や治療はしません。大切なご自身の歯を守っていくために、歯科医院への通院を続けて欲しいからです。治療が苦手なお子さんもまずゆっくり慣れることから始めましょう。
痛い思いや怖い思いをしたことがない、幼少期から歯科医院に通ってくれているこども達は、歯医者さん気持ちいいから大好き!と言ってくれます。この言葉がわたし達の何よりの喜びです。


03:歯医者さんは習い事


わたし達がお子さまの歯を守っていく上で大事にしていることは、お父さまお母さまだけでなく、ご本人にも学んでいただくということ。こども達はいずれ親元を離れ、ご自分でご自身の健康を守っていかなくてはいけません。そのため、一定の年齢がきたら、なぜ虫歯になるのか、どうしたら虫歯を防げるのか、歯磨きの仕方などをお子さまご本人にも一緒に学んでいただきます。こども達が一生涯自分の歯で食べていくことができる、のぞむ歯科の願いです。