糖尿病勉強会に参加してきました!

スタッフと勉強会に行きました!

9月23日(日)連休の中日に、スタッフと一緒に糖尿病と歯科との関わりについて勉強してきました!
徳島県立中央病院の内分泌・代謝内科の白神先生のもと、学ばせていただきました✨

糖尿病と歯周病

徳島県は、糖尿病による死亡率がいつも全国上位の県です。(ほぼワースト一位です・・)
徳島にお住みの皆さんは、周知の事実かと思います。

しかし、糖尿病は徳島県の問題だけではありません。

日本の糖尿病患者数は、過去最多を更新し続けており、現在は約328万人の患者数が10年後には3倍になると言われています。

 

そんな糖尿病の合併症のひとつが歯周病です。
そして、糖尿病の合併症のうち、唯一歯周病だけが相互に関連があると言われています。
つまり、歯周病が悪くなれば、糖尿病も悪化するのです。
糖尿病予備軍と言われている方にとっては、歯周病悪化が糖尿病の決め手となるかもしれないのです。

こどもも糖尿病予備軍

40代以上の成人、男性では2人に1人、女性では3人に1人が糖尿病、もしくは糖尿病予備軍です。
>そんな大人たちと生活しているこどもたちの健康も脅かされています。

香川県における調査では、なんと小学生の15%がすでに糖尿病予備軍とのことです。

糖尿病予備軍、もしくは糖尿病の大人と同じ食生活、運動生活、お口の環境で育つこどもたち。
こどもだけは健康に・・という想いも、まずは大人から行動しなければ変わらないのかもしれません。

これから・・

糖尿病は、日本の医療費を圧迫する大きな原因のひとつとも言われています。

糖尿病の予防や治療をしっかり行い、糖尿病を改善していくことは、自分の未来を救うだけではなく、私たちの子供たちやお孫さんたちの大きな負担を減らし、子供たちの未来をも救うのです。

歯の定期検診を受ける人は、生涯医療費が安くなることが新聞に掲載されています。

日本人成人の8割は歯周病と言われています。
私たちひとりひとりがしっかりと意識を持ち、予防を行うことが、未来を変える大きな一歩だと感じています。

おまけ

勉強会のあとは、スタッフのみんなと食事に行きました!
連休中にも関わらず、一緒に学んでくれるスタッフには本当に感謝です!

勉強会当日が実は誕生日でした!

そしてさらに、僕の誕生日まで覚えていてくれ、お祝いをしてくれました!
こんなスタッフと一緒に、同じ「徳島を良くしたい!」という想いで仕事ができることを本当に幸せに思います!

いつも、ありがとう!!!


参考リンク

のぞむ歯科 診療案内
  • 〒770-0023 徳島県徳島市佐古三番町1−13(駐車場10台)
  • TEL: 088-653-7770
  • ご予約優先です。
    ※ 当日受付も行なっております。一度お電話いただけますとスムーズにご案内できます。
  • 休診日:日曜・木曜・祝祭日
  • 平日 9:30-13:00/14:30-18:30
  • 土曜 9:30-13:00/14:30-17:00

関連記事

  1. 赤ちゃんのための妊婦歯科健診

  2. 仕上げ磨き卒業に向けて

  3. あなたのお口の中、見える化できます!

  4. 院内相互実習

  5. 糖尿病と歯周病の深〜い関係

  6. 0歳から歯医者さんに通う3つの理由